Brand story

History

ファッション雑誌のヘアメイクチームとして、パリでスタートしたモッズ・ヘア。そのスタジオワークの中から創作されたヘアスタイルを一般の女性にも広めたいという意味でモッズ・ヘアサロンが誕生しました。以来、日本を始めヨーロッパとアジアを中心に世界中にサロンを展開し、パリで制作されるオリジナルスタイルは、現在も世界中に発信されています。

1968
フレデリック・ギィヨームら4人によって、パリで最初のファッション誌のためのヘアメイクエージェンシーを設立。"モード(ファッショナブル)なヘア"の意味でmod's hairと名付けた。
1972
5人目のアーティストして田村哲也が加わる。
1974
多くの雑誌編集者から熱望され、パリのサン・ジェルマン・デ・プレ、レンヌ通りにモッズ・ヘア1号店をオープン。
1978
田村哲也が野口功二をパートナーに、日本初のモッズ・ヘアサロンを原宿にオープン。
1981
コム・デ・ギャルソンのパリコレデビューショーを担当。その後、シャネル、ケンゾー、イッセイ・ミヤケ、ヨージ・ヤマ モトなど、パリコレクション、東京コレクションで数多くのメゾンを手掛ける。
1993
南青山にコンセプトサロン「モッズ・ヘア プリヴィレージュ」をオープン。
1994
世界のモッズ・ヘアモデルサロンをパリ・シャンゼリゼ通りにオープン。
1999
ユニリーバ・ジャパン株式会社と提携。一般流通向けヘアケア&スタイリング剤「モッズ・ヘアシリーズ」を展開。
2003
ヘアメイクアーティストの加茂克也が、デザイナー以外では初の「毎日ファッション大賞」グランプリを受賞。
2005
カンヌ映画祭にオフィシャルヘアサロンとして参加。
2010
10月 グローバルフラッグシップサロン銀座四丁目店OPEN。
12月15日、日本/95サロン アジア/20サロン ヨーロッパ/164サロン
2014
虎の門ヒルズ51階にモッズ・ヘア オン アンダーズ東京がOPEN
2016
中国三里屯にモッズ・ヘアサロンがOPEN
オーナー様募集